恋愛ウォッチャーが男女関係の固定概念をぶち壊すブログ

累計で1500回の合コンを開催してきた恋愛ウォッチャー。 幾多の男女のマッチングを経験してきた筆者が、イマドキ男女の生態の違いや恋愛事情をお届け。

『美人は性格が悪い』論を検証する②

『美人は性格が悪い』論を検証する①はこちら

 

外見的な魅力と、内面的な魅力の相関性は、古くから心理学の世界では

実証的な研究が行われてきた。

 

ただし、それらは散発的なもので、統計的に研究をされていなかったので、

全貌が見えづらかったようだ。

 

そこで、イギリスの名門大学であるイェール大学のファインゴールド教授が、

世界に散在する外見と内面に関する145本の論文を集め分析した。(1992年)

 

その結果、外見的な魅力の高い人は、低い人に比べて、より社会的不安が

少なく、より人気があり、より孤独感が少なく、より社会的スキルが高い

ということがわかった。(当然といえば当然と言える気がしなくもないが…)

 

 

これらの特性は全て「性格が良い」と言われる要素であるため、

詰まるところ、「美人は性格が良い」という結論になる。

(ただし、この結論は多くのサンプルデータを集めて現れてきた現象であり、

特定の美女やハンサムの性格が良いとか、そうでない人が悪いとか、

そういう話ではない)

 

 

これらの原因のひとつとしては、「ピグマリオン効果」があげられる。

美人は性格が良いと期待されるので、実際にそのように育ったということだ。

 

同様の理由から、外見的魅力の高い人の方が頭が良いというのもあげられる。

最近、「見た目のいい人はそうでない人よりも収入が10-20%違う」という

話も耳にするが、ピグマリオン効果の結果として出ている現象なのであろう。

 

 

ちなみに、日本で「玉の輿」に乗るためには、どの程度美貌が必要なのか、

といった研究がある。

 

東洋経済新聞社『日本のお金持ち妻研究』(森剛志・小林淑恵)では、

世帯平均年収が9000万円以程度の家庭の奥様方を対象として、大規模な調査を

行なっている。

 

 

この本の中では、お金持ち妻になる方法として、

①容姿端麗なために見初められる「玉の輿仮説」

②もともとお金持ちだった人同士が結婚する「同類リッチ婚仮説」

③下積み時代から苦労を共にしてきた二人が最終的に富裕層になる

「糟糠の妻仮説」の3つの方法があるとしている。

 

 

 著者たちが実際のお金持妻を調査したところ、①の方法によって結婚した人

はわずか1.9%であり、しかもその全員が自分の容姿について

「容姿が良かった」と思っていなかったという。

 

つまり、美人が美貌ゆえに「玉の輿」に乗ったケースは存在しなかったのだ。

 

 著者である森教授は、中流階級以上で特に母親が教育熱心な家庭に育ち、

自らも経験を積みキャリアウーマンになった女性が、仕事の中で、優秀な夫か、

経済的な基盤をすでに持っている男性に出会うという「キャリア妻」型が

「現代の玉の輿」婚であるという。

 

現代の日本では、美貌による玉の輿は困難ではあるが、「知性と勤勉」による

玉の輿は可能だということだ。

 

 

我々女性にとって、希望となる実験結果だ。(アメリカでは美貌が優先される

ところがあるらしいので、余計に) 

 

というわけで、今日も知性と勤勉に勤しみたい。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

イベントパスポート付マッチングサイト『GOALL』リニューアル&キャンペーンのお知らせ


『GOALL』は、恋活イベントに何度でも参加できるイベントパスポート付きの

恋活マッチングサイトです。

 

『GOALL』の特長


☆月額料金だけでGOALLイベントに参加し放題!
☆イベント参加者限定の非公開グループで、気になる相手にイベント後でもコンタクトできる!
☆いつものマッチングサイトとしても使える!

月額女性1,980円/男性3,780円で出会いのチャンスが無限に広がります。


今回リリース記念という事で、『GOALL』の無料会員登録をしていただくと、
あなたの恋愛傾向を客観視しながら、ぴったりのお相手のタイプを診断する

「マッチング診断」が、キャンペーン価格の2,700円でご利用頂けます。
(通常価格5,400円)

イベントが目白押しの秋冬シーズンに向けて、GOALLで素敵なデート相手を

見つけてみてはいかがでしょう?

詳細はこちらから↓

http://bit.ly/2MMTlux

 

f:id:fatalita-tv:20180905094016p:plain