恋愛ウォッチャーが男女関係の固定概念をぶち壊すブログ

累計で1500回の合コンを開催してきた恋愛ウォッチャー。 幾多の男女のマッチングを経験してきた筆者が、イマドキ男女の生態の違いや恋愛事情をお届け。

1:1を超越した恋愛スタイル「ポリアモリー」とは


ポリアモリーは、「複数恋愛」という比較的新しい恋愛の概念だ。


また、ポリアモリーを実践する人たちのことを「ポリー」と呼んだりする。

 

「同時に複数の相手とセックスを含む恋愛関係を結ぶこと」を意味する。


1対1の関係に縛られずに、すべての関係者の合意を得た上で複数の相手と

愛情関係を責任を持って作り上げる人間関係のスタイルだ。

 


浮気の言い訳として使われることもあるが、
相手の合意を得ずに行う「不倫」や「浮気」や、
愛情がないセックスのみの関係とは全く異なるものである。

 

 

ポリアモリーは、性的な嗜好ではなく、恋愛に関するライフスタイルと

捉えるべきであろう。

 


1984年にポリアモリーのセンターを立ち上げた心理学者、デボラ・アナポール。


彼女の著書『ポリアモリー 恋愛革命』の邦訳版が2004年に出てから、
日本でのポリアモリー知名度が上がったようだ。

 

今回は、ポリアモリーについて少し深く考えてみたいと思う。


「1:1の恋愛」や「結婚」に行き詰まっている人は、
視野を広げる良いサプリのようなものになるかもしれない。

 

 

このトピックは一度で語りきれない部分があるため、
筆者や筆者の周りの実例を伝えながら、以下の3点に絞って話を進めて

いきたいと思う。

 

 

1.ポリアモリーの恋愛の仕方
2.ポリアモリーのルール
3.ポリーの資質

 

筆者がポリーラウンジに参加したのは2015年7月。


ポリーやセクシャルマイノリティが集い、性に関するテーマについて

話し合うイベントだ。


この時に聞いた話は、強烈に覚えている。

 

彼氏と参加していた女Kは、彼氏の前でこう話す。

 

「彼氏が2人いて、そのうちの1人は一緒に暮らしています。

それが彼(一緒に来ている男)。


その他にも好きな人が3人いるんですが、この間そのうちの1人には

フラれちゃいました笑
そういう時は、彼に慰めてもらってます。」

 

 

彼氏の方は、
「最初は僕はポリーじゃなかったし、Kが他の男とデートしたりする

のが嫌でした。
だけど、それがKのライフスタイルだったし、僕はそれでも

Kといたかったので、福岡から彼女を追って上京しました。
今では僕もポリーになっていて、彼女の他にもう1人彼女がいますよ。」

 

 

このような恋愛をするポリーたちにも、パートナーに序列があったりする。

 

 

1.ポリアモリーとしての恋愛の仕方
複数のパートナーと関係を進めるポリーだが、全てのパートナーが

同じ序列というわけではない。

 


パートナーとの関係は、便宜上3つの関係に分類される。

 

①第一の関係
夫婦のように長期的にに深く関わりあう関係。

同居した上で家計を一緒にし、子育てを共に行う。

 

 

②第二の関係
長期的に深く関わりあう関係。家族というよりは親友のような存在。
家計や住居は別。

 

 

③第三の関係
たまに会う恋人。親密な交際をしているが、日常生活で頼り会う仲ではない。

パートナーの数には決まりはなく、組み合わせや形態は何通りもある。


ここでは割愛するが、オープンマリッジ、ポリフィデリティ、

インティメイト、連続単婚など、恋愛の形としての制限は特にない。

 

いずれの形をとるにしても友情・愛情・尊敬の念が求められるため、
単なる性欲の解消・発散や不倫や浮気の手段とは異なる。


あくまで、自分と相手の気持ちに真摯であることが大前提だ。

 

 

2. ポリアモリーのルール
ポリーには明確なルールはないが、ポリアモリーを実践する上での

倫理ガイドラインは存在する。


これから紹介するものは、アメリカのポリー当事者の間で参照されて

いるものだ。

 

 

ルール①民主的であれ


ポリアモリーを実践するかどうかの意思決定はお互いの合意によって

のみ行われる。
交際のルールも、お互いの話し合いにとって決める。

 

 

ルール②正直であれ
自分のパートナーには嘘をつかず、ごまかしもしない。
持続可能で親密な愛情関係を築くには、パートナーに対して正直に

徹することが絶対に欠かせない。


嘘やごまかしがあると、不安や嫉妬に耐えられなくなる場合がある。
愛情や性的欲求も、それに比例して薄れてしまう。

 

 

ルール③全員が幸せになる形であれ
ポリアモリーの実践によって傷つく人が出てはいけない。
これは、パートナー当事者だけでなく子供も含まれる。

お互いのためになり、お互いを高め合うものでなければならない。
誰かが我慢したり、自分の個性や価値観、気持ちを押し殺すような

ことがあってはならない。
当然、避妊や性感染症にも気を配る必要がある。

 

 

ルール④真剣であれ
第一の関係、第二の関係、第三の関係の相手は、いずれも長期的かつ

真剣に付き合う気持ちで臨む。
正直で真剣な性愛関係は生涯にわたる絆を生む。一時的な寂しさを埋めたり、

性欲を満たすために相手を短期間で使い捨てたり、コロコロ変えるような

真似はしない。
関係を持った後にどうしても真剣になれないことがわかった場合は、

そのことを相手にきちんとつ会える。

これらのガイドラインを見ればわかる通り、ポリアモリーは誰にでも

実践できることではない。

とある知人(女)は、ポリアモリーの実践者ではあるが、4人いる

パートナーのうちの1人は既婚者だ。


彼女は、この彼のことを真剣に愛しているが、一方で彼の妻子のことを思うと、
「彼のことは本当に好きだが、自分がやっていることはポリアモリー

ではなく、ただの不倫なのではないか」
と悩む気持ちを吐露してくれた。

 

 

 

3. ポリーの資質
ポリアモリーの実践には、3つのハードルがあるという。

1つ目は、羞恥心や罪悪感。「良い歳して恋愛にこだわる理性のない人間」

「快楽主義者」などというレッテルを払拭するだけの自尊心が必要だ。

 

2つ目は嫉妬心。多くの人は嫉妬を克服することができないため、

ポリアモリーの実践をするのは難しい。


知人のS(37・女)は、「元」ポリアモリーの実践者だ。


二人の彼氏と付き合っていたが、そのうちの1人に他のパートナーが

できたと聞かされた時、嫉妬で自分自身をコントロールできなくなったという。


普段はクールな彼女が、彼氏に対して鬼電や何通にもわたるメッセージを送った。


そういう自分にはたと気がつき、自分はポリアモリーには向かないと思ったそうだ。

 

 

3つ目は社会的孤立。

今の社会では、ポリアモリーを嫌悪する風潮が強いため、

ポリアモリーであることを公言することは困難で、社会的には

デメリットでしかない。

 


「1:1こそ理想の愛」という世間の押し付けと常に戦っていかなければならない。

 

これらのハードルを越え、相手や自分に対して真摯に向き合ってこそ、
ポリアモリーを実践することができる。

 

障がい者の性的サポートを行うNPO団体の代表を務める坂爪真吾氏は、

自身の著書の中で、ポリアモリーを実践できる資質について以下のように

述べている。

 

・心身ともに健康であること
・体力と時間に余裕があること
・経済的にも精神的にも自立していること

 

このように見ていると、ポリアモリーを実践するのはなかなかに

大変そうである。


しかし、こういうスタイルがあることを知るだけで、少しは気が楽になるだろう。

 

 

 

イベントパスポート付マッチングサイト

『GOALL』リニューアル!!


『GOALL』は、恋活イベントに何度でも参加できるイベントパスポート

付きの恋活マッチングサイトです。(なんと!ユーザー満足度97%!)

 


500円の合コンイベントに参加すると、1ヶ月間何回でもイベントに参加す

ることができます。


たくさんの人と出会って幸せを見つけるチャンスです♪ 

 


詳細はこちらから↓
GOALL ~出会いのチャンスを何度でも 

恋活イベントパスポート~

 

f:id:fatalita-tv:20190306153939p:plain