恋愛ウォッチャーが男女関係の固定概念をぶち壊すブログ

累計で1500回の合コンを開催してきた恋愛ウォッチャー。 幾多の男女のマッチングを経験してきた筆者が、イマドキ男女の生態の違いや恋愛事情をお届け。

脳と五感の不思議を活用?!勘違で恋が生まれるかもしれない

 

先日医師の友人と、脳や五感と意識について話をしていた時に、

彼がボソッとこう言った。

 

「脳というのは、僕たちが思っている以上に単純なのかもしれない。」

 

 『意識は傍観者である』という本で著名なベイラー医科大学の脳神経学者

デイヴィッド・イーグルマンは、政治家や結婚相手や将来の職業に関する

私たちの選択は自分の意識していない事柄の影響を受けているとしている。

 

イーグルマンは、(これは欧米の例になるが)DennisやDeniseという名前の人は

Dentist(歯医者)になりやすく、LauraやLawrenceという名前の人は

Lawyer(弁護士)になりやすく。

 

GeorgeやGeorginaという名の人はGeologist(地質学者)になりやすいと言っている。

 

 

筆者は、ある名前の人が、発音が似ている職業についてしまうのは、

脳が無意識のうちにその職業の刷り込みをしているからなのだろうと

仮定している。 

 

 

 事実、我々の脳の中には、見たり聞いたりした言語を理解する

ウェルニッケ中枢というものがあり、ここで言語が認識されると、

自律神経が聞いた言葉を現実化しようとするという。

 

よく、ポジティブな言葉を聞くと脳に良いとか、ネガティブな言葉を

聞くと脳に悪いとかそんな話を聞くが、脳のこのような仕組みから

言われていることだろう。

実際に日本大学医学部の林成之教授が、医療の現場やスポーツ界で役立てている。

 

この考え方は、恋愛の場でも活用できると思っている。

 

気になる相手にかわいい・かっこいい・好き・素敵などの好意と

受け取れる言葉のシャワーを浴びせれば、相手が自分のことを意識しはじめ、

好意を持つようになる。(もちろん、外見や第一印象で嫌われないなど、

コミュニケーションを相互に継続して取れることが前提だ。)

 

 

 気になっている本人に向かって、直接言うのはちょっと…、という人も、

安心して欲しい。

 

何も"本人そのもの"に言う必要はないのだ。

 

「今日の服かわいいね」「そのメガネ素敵だね」など、

その人の"身につけているものや周りのもの"などに向けて間接的に言えば良い。

 

大事なことは、一度や二度だけでなく、何度も何度も相手に伝え

続けることである。

 

 相手の脳は、その言葉が"自分自身"に向けられた言葉として勘違いをする。

 

好意の言葉の刷り込みにより無意識のうちに、

「この人は私のことが好きなんじゃないかしら」と勘違いするようになり、

その人を異性として意識するようになる。

 

相手がこちらを意識をしはじめればあとはこちらのものである。

 

魚心あれば水心だ。

 

相手の脳が勘違いしてくれたら、恋に発展しやすくなる。

 

恋愛のノウハウブログなどでも「相手を褒めろ」なんて言うが、

褒めるのがあんまり得意じゃないと言う人にもオススメしている。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

イベントパスポート付マッチングサイト『GOALL』リニューアル&キャンペーンのお知らせ


『GOALL』は、恋活イベントに何度でも参加できるイベントパスポート付きの

恋活マッチングサイトです。

 

『GOALL』の特長


☆月額料金だけでGOALLイベントに参加し放題!
☆イベント参加者限定の非公開グループで、気になる相手にイベント後でもコンタクトできる!
☆いつものマッチングサイトとしても使える!

月額女性1,980円/男性3,780円で出会いのチャンスが無限に広がります。


今回リリース記念という事で、『GOALL』の無料会員登録をしていただくと、
あなたの恋愛傾向を客観視しながら、ぴったりのお相手のタイプを診断する

「マッチング診断」が、キャンペーン価格の2,700円でご利用頂けます。
(通常価格5,400円)

イベントが目白押しの秋冬シーズンに向けて、GOALLで素敵なデート相手を

見つけてみてはいかがでしょう?

詳細はこちらから↓

http://bit.ly/2MMTlux

 

f:id:fatalita-tv:20180905094016p:plain