恋愛ウォッチャーが男女関係の固定概念をぶち壊すブログ

累計で1500回の合コンを開催してきた恋愛ウォッチャー。 幾多の男女のマッチングを経験してきた筆者が、イマドキ男女の生態の違いや恋愛事情をお届け。

理想の出会い方『自然な出会い』。でも、そもそも恋愛における「自然な出会い」って何なんだ? ー後編

「自然に出会って、2-3年付き合って、自然に結婚したい」

 

婚活をしている女たちからは、よくこんな言葉を聞く。

 

リクルートブライダル総研2017年12月に発表した調査結果でも、最も

理想的な出会い方の第一位は「自然な出会い」(63.1%)。

 

ところが、経年で減少する「自然な出会い」を探すのはなかなか難しい。

 

本記事では、「自然な出会い」を

 

【日常生活の中の、「恋愛」「結婚」以外の第一目的を持って属する

(属していた)コミュニティで出会い、恋に落ちること。】

 

と定義し、「自然に出会う」ためには何をするべきかを探っていきたい。



一般的に、「自然な出会い」を見つける方法としては、大きく分けて

2つあると考えている。



【1】過去から現在までの、自分のコミュニティ/環境から探す。

この方法は、自分が現在または過去に属したコミュニティの中から、

自分に合う相手を探していくというものだ。

 

わかりやすいもので言えば、「職場」・「学生時代の友人」など。

「友達の友達」という観点でいくと、「友人からの紹介」も、今までの

コミュニティが生み出す産物といえよう。

 

これらの方法の特徴は、すでに属している環境の「出会い」資産価値は、

減価償却されるということだ。

 

確立した環境の中で、「新しい人」と出会うことは難しい。

減価償却される資産の中で、「自然に出会える恋愛相手」を探すためには、

 

・(相手の)価値の再発掘

・死にリストから新リストを作る努力

 

が必要だ。

 

人間関係は密につながっている必要はないが、「切れない」こともとても

重要なのである。

 

 

  1. 職場

お互いの仕事に対するスタンスや能力を知っているため、素性の知れた

「安心できる」相手であることは確か。

(特に、結婚という面においては、収入も程度は想定できる)

 

職場での恋愛は、理想的な出会い方を実現できる反面、万が一別れた場合の

リスクも大きい。

(渋谷にある某有名ベンチャーでは、結婚しない社内恋愛をした社員は

左遷されるというぐらい、厳しい)

 

このリスクを回避しつつ、職縁から出会いを勝ち取るには、

 

「過去の職場にいた人」もしくは、「以前同じ会社にいた人」に

コンタクトをとる方法が有効だ。



  1. 友人からの紹介

自分のことをよく知っている相手に、「合いそうだ」というお墨付きを

もらって会うことは、それだけで安心感がある。

 

ところが、自分が歳を重ねればそれだけ、友人が紹介できる相手の

パイも限られてくる。

 

周りがどんどん結婚し、独身者が少なくなってしまうからだ。

 

友人という出会い資産の目減りを抑えるには、世代が少し違う、年下の

友人を作っておくことが有効である。

 

それも、フットワークが軽く、交友関係が広そうな相手を押さえておく。

 

これは、この後に説明する【2】の方策に近いため、後述する。

 

 

  1. 学生時代の友人と連絡を取る

20代半ばぐらいまでであれば、これも有効ではある。

SNSの共通の知人から辿れば、案外に簡単だ。

 

1本釣り釣法で連絡を取るのも良し、

それが不自然であれば、何人かで集まるも良し。

 

ただし、この出会い方にもリスクがある。

相手が既婚者であることを隠していた場合、ドロドロの不倫関係が

待っていることも。

 

信頼している相手に裏切られることで、人間不信にもなりかねないため、

出会った後のリサーチは慎重にするべきである。

 

ある意味、最初から疑ってかかる合コンやマッチングアプリよりも質が悪い。

 

 

【2】新しいコミュニティや環境に属する。

社会人ともなると、自ら動かない限りは新しい環境を作っていく

ことは難しい。

 

転職や引越しなども一つの選択肢だろう。

 

ただし、このように環境を大きく変えるやり方は、それにかかる労力も

半端ない。

 

 

そういう時に、時間さえあれば新しい環境を作る方法がある。

空いた時間を使って、

 

  1. 習い事
  2. ボランティア活動
  3. バーや居酒屋
  4. セミナー
  5. 社会人サークル(趣味など)

 

のようなコミュニティに入れば良い。

 

ポイントは、

 

「それ自体を楽しめること」。

 

恋愛を第一目的としてしまうと、相手が見つからないからと長続きしない。

 

そうなると、「自然に知り合って、友達関係を続けているうちに付き合って…」

というストーリーが作りづらくなってしまう。

 

新しい環境を自分のコミュニティとして根付かせるためには、ある程度の

時間が必要だ。



ちなみに社会人サークルは、「いつも」「人のいる場所に」「直接」

行かなくても良い場合もある。

 

それは、オンラインサークルという環境だ。

 

例えば、ゲームが好きな人たちは、ソーシャルゲームで日々やり取りをする。

 

日頃のチャットで仲良くなり、オフ会などで直接出会う。

 

趣味によっては、このような出会い方も有効になる。



以上が、筆者が提言する「自然な出会い」を作っていく方法である。




余談だが、この記事を書いているうちに、一つの疑問がわき上がった。

 

➖「『自然な出会い』を作る」ということ自体、純粋に出会って

いないのではないか。

 

作為的に「自然に出会う」という不自然さを感じるのは、筆者だけ

ではない気がする。



 

このテーマについては、別の機会で言及していきたい。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【遺伝子で恋愛分析!?DNAで診る、恋活イベント】


イベントに参加すると、通常19,800円のDNA診断が無料で受けられます!

詳細&お申込はコチラ

 

f:id:fatalita-tv:20181002015910p:plain