恋愛ウォッチャーが男女関係の固定概念をぶち壊すブログ

累計で1500回の合コンを開催してきた恋愛ウォッチャー。 幾多の男女のマッチングを経験してきた筆者が、イマドキ男女の生態の違いや恋愛事情をお届け。

恋愛で幸せになれるか診断

 

最近、マーケティング理論として現場でも活用されている

「マキシマイザー理論」。

 

アメリカのシュワルツ博士が発表したものだ。

 

人間は、常に「最高」の選択を求める「マキシマイザー」と、

「ほどほどに」の選択で満足する「サティスファイザー」の二種類に

分かれる、という理論である。

 

この理論では、マキシマイザーはサティスファイザーよりも、

幸福度が低いらしい。

 

シュワルツは、この理論は恋愛にも応用できるとしていた。

 

 

そこで、法政大学の越智教授が作ったのが「恋愛マキシマイザー尺度」。

 

恋愛において、「最高」を追求するのか、「ほどほど」で満足できるのか

を測定できる尺度を作った。

 

また、これに、「選んだ選択に対して後悔しやすいか、しづらいか」、

という尺度を合わせた。この尺度は、別れやすさ、浮気のしやすさ、

恋人選択の基準などがわかるそうだ。

 

これに対する質問は以下の通りだ。

 

 

f:id:fatalita-tv:20180704165159p:plain

 

それぞれの点数により、自分が下記のポートフォリオのどこに位置する

がわかる。

 

 

 

f:id:fatalita-tv:20180704165223p:plain

 

 

 

 

マキシマイザー型:1-5の合計点男28点・女30点以上、6-10の合計点

男女共30点以上。

 

常に理想を求める傾向にある。

「最高の恋人を得た」と思っても、もっと良い相手がいるかもしれないと、

より良い相手を探し続ける。「今の恋人ではなく、あの人を選べばよかった」

という後悔をしやすい。浮気をしやすく、良いと思った相手がいたらすぐに

乗り換える。付き合うかどうかの基準は「他の異性よりも魅力的かどうか」。

 

いつまでたっても相手に満足できないため、恋人と付き合った時の幸福度が

あまり高くはない。点数は、男女により微妙に異なる。

 

サティスファイザー型:1-5の合計点男27点・女29点以下、6-10の合計点男女共

           29点以下。

 

現状満足型。現在の恋人が最も良い恋人と考え、自分の選択に後悔をしないため、

恋愛に関する幸福度が高い。

楽観的な性格を持つ人が多く、「まいっか」で済ませることができるため、

精神的にも安定している。結婚に向いているのもこのタイプ。

 

 

ハンター型:1-5点の合計点男28点・女30点以上、6-10の合計点男女共29点以下。

 

今の恋人を選択したことに後悔はしないが、より良い相手は求めたい、

というタイプ。

浮気をしやすいが、一夜限りのカジュアルな恋愛などが多い。

短期配偶戦略(異性との短期的な付き合いをゴールとする戦略)型の恋愛を

する人が多く、長続きしない。

同時進行的に複数の異性と関係を持つことができる。

 

 

うつ想起型:1-5点の合計点男27点・女29点以下、6-10の合計点男女共30点以上。

 

自分に自信がないため、自分の選択にも自信がない。付き合ったあとに、

「やはり付き合わなければよかった」と後悔をするタイプ。

現状に満足している訳ではないが、自分で行動をして現状を変えようとは

思わないので、フラストレーションがたまりやすい。

ストレスがかかるため、他の3タイプと比べてうつの発症リスクが高い。

サティスファイザーは長期配偶戦略(特定の異性と長期的な関係を結ぼう

とする戦略)を取るので、結婚に向いていると言われている。

結婚や、パートナーとの安定した関係を望むのであれば、サティスファイザー

よりの考え方をした方が良さそうだ。

 

◆One-Timeデート◆

 

f:id:fatalita-tv:20180122204116j:plain

めんどくさいやり取り不要!初めましての二人で街を巡るデートイベント♡

 

次回は6月23日@渋谷


詳細ご希望の方は、以下のLINEアカウントの友達登録をお願いします。
https://line.me/R/ti/p/%40usn5554b