恋愛ウォッチャーが男女関係の固定概念をぶち壊すブログ

累計で1500回の合コンを開催してきた恋愛ウォッチャー。 幾多の男女のマッチングを経験してきた筆者が、イマドキ男女の生態の違いや恋愛事情をお届け。

「そんなもの、自分で食べログで調べればいいじゃん」とのたまう男たちの本音とは

 

「細くてまあまあ可愛くって、性格良いアラサー女子いないですかね?」

 

聞いて来たのは、5年来の友人I(28・女)だった。

 

そこそこ仲の良い、Iの男友達(A・36)がそろそろ結婚したいという。

 

そのため、Iはしばしば彼の結婚相手を探すという名目で合コンを

開いてあげている。

 

今月末にその会があり、IはAのお眼鏡に適う女の子を探しているのだ。

 

I「普通にかっこいいんですよ。背もまあまあ高いし、おしゃれだし。

もし私が彼のことを好きだったら、普通に結婚したいと思いますもん。

残念ながら、私も彼もお互いにそういう感じではないんですけどね。」

 

私「で、その『性格がいい』というのは、具体的には?」

 

I「はい。一言で言うと、スレてない子のことみたいです。

 

彼、海外を拠点とした不動産ビジネスを手がけてて、年収でいうと

5000万円ぐらいあるんですね。

日本でも六本木の〇〇(割と有名なタワマン名)に住んでるお金持ちです。

 

仲間内で遊んだりすると、それこそ港区女子みたいのがわんさか寄って

くるんですって。

車の話とか、時計の話とか、あとは最近だと仮想通貨?

お金を持ってる男から聞いた話をさも知っているかのように話してくると、

げんなりするらしいです。」

 

私「なるほど。でも、港区で飲み会したらそんな人ばっかりじゃない?」

 

I「そうなんですよ。あ、Kちゃんとかどうですかね?」

 

私「あの子は港区女子を自称しているからあまり合わないかもよ。

まさにIがさっき言ってた、車、時計、仮想通貨の3点セットは普通に

会話に出て来ちゃう。」

 

I「そうかー。instaにあげてる内容的にもそうかなと思ってたけど、

そういうこと話しちゃう子だとちょっと厳しいかもですね。。」

 

私「ちなみに、『スレてない』というのはどういうことなのかもう

少し詳しく聞かせてくれる?」

 

I「私も気になって聞いてみたんです。

飲み会で会ったら嫌な女のタイプを聞いたら、好きなタイプを聞いた時の答えが

『美味しいところに連れて行ってくれる人』『お店をいっぱい知ってる人』

と答える人は無理って言ってました。

 

彼も含めてその周辺の人たちは『そんなものは自分で食べログで調べろよ』

と思っちゃうそうですね。

 

なんだか、お金しかみられていない感じがするそうです。

 

あと、有名店を予約して連れて行ってもらうことに自分の価値を

置いてる女も無理って言ってましたね。」

 

私「あれだ、東カレとかに出てる鮨さいとうみたいなところに行きたいー!

とか言ってるやつだ笑

 

ああいう子たちは、ミシュランに載ってるような予約困難店を男が

苦労して予約して連れて行ってくれることにステータスを感じるよう

だからね。」

 

I「本当にそれが好きなら良いんですよ。高級店でも、車でも、時計でも。

 

例えば、車や時計だってその歴史とか中のテクニカルな部分だったりを

知ってる子なら、

本当に好きなんだなって感じますよね。

 

『お、この子なかなか良いな』みたいに思うそうです。」

 

I「さらに言うと、彼らは車も時計も、そう言った高いものは身に

つけないそうです。

昔は時計とかに凝った時代もあったそうなのですが。

Aのお客さんって、彼の数段上を行くお金持ちだから、中途半端な高級品を

身につけるのが恥ずかしいみたい。

 

そういうものを身につけて女の子の気を惹こうとする人って、ワンランク

下の人って感じがします。」

 

私「港区女子みたいな女の子たちも、そういう人の方が合うのかもしれないね。

そこを越えちゃっている人たちは、そういう世界を知っているからこそ、

お金でつられる女に敏感なのかもしれないね。」

 

I「ですね。」

 

金持ちな男のある種贅沢な悩み。

Aに良い相手が見つかることを、陰ながら祈るばかりだ。

 

 

 

 

 

◆One-Timeデート◆

 

f:id:fatalita-tv:20180122204116j:plain

初めましての二人が「彼氏」「彼女」という設定で街を巡るデートイベント♡
次回は5月26日@表参道


詳細ご希望の方は、以下のLINEアカウントの友達登録をお願いします。
https://line.me/R/ti/p/%40usn5554b